福祉車両のレンタカーと高速道路割引

心身に障害をもっている人がみずから運転するか、または乗車させて介助者が運転して、どこか遠くの場所に旅行に行ったりする場合に、車いすでも楽に乗り降りができるような特別な設備があれば便利です。


こうしたことから、それぞれのレンタカー会社では、車いすでの利用に対応している福祉車両をとりそろえており、一般的な車両と同様に、希望に応じてレンタルすることができるようになっています。

このような福祉車両のレンタカーを運転して、高速道路や有料道路を通行する場合に、障害者割引制度の適用があるかどうかですが、一般的にはむずかしいと考えておいたほうがよいでしょう。

エキサイトニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。

それというのも、高速道路や有料道路の障害者割引の条件としては、一定の障害の種類や等級に該当することはもちろんですが、あらかじめ市町村役場で身体障害者手帳のなかに証明のスタンプを受けておくことが必要になってくるからです。



このスタンプには、日常的に使っている自動車のナンバーを書き入れる欄があるため、高速道路などの障害者割引についても、この記載とナンバープレートが一致しているものだけが対象になってきます。

福祉車両のレンタカーに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

レンタカーは当然ですが身体障害者手帳の証明内容とナンバープレートが違っていますので、料金所で確認の際に、障害者割引の適用から除外されてしまうというわけです。
ただし、レンタカー会社そのものが、福祉車両のレンタルにあたっての障害者割引の制度を独自にもっている場合がありますので、結果としては一般の人よりも割安に旅行ができます。